ホームページ > 製品紹介:フィルム状屈折率整合剤 屈折率整合フィルム Fit Well

フィルム状屈折率整合剤 屈折率整合フィルム Fit Well® TOMOEGAWA OPTO LEAF

通常表示

屈折率整合剤をフィルム化

フィルム状屈折率整合剤「屈折率整合フィルム Fit Well®は、光ファイバ、光導波路をはじめとした光学部品全般の接続に用いることができる屈折率を整合させたフィルムです。粘着性をもつため、接続間で柔軟に変形し、密着性に優れ、光学接続特性を安定に維持することができます。

特長

  • フィルム形状であるため、取り扱いやすく、液状の屈折率整合剤(マッチングオイル・ジェル)のように接続部周辺部を汚染したり、流出したりすることがありません。
  • 粘着性をもつため、光ファイバに対して柔軟に変形し、密着性に優れ、光学接続特性を安定に維持することができます。粘着性は非、弱、強粘着の種類があり、再剥離の有無やご要望の接続状態に応じて選択できます。
  • 対象物に微小の凹凸がある場合はその影響を緩和する効果が期待できます。
  • フィルムの厚み、サイズの調整は可能です。
  • 耐熱タイプや高屈折率調整タイプ、低屈折率タイプも検討可能です。

① Fit Wellシート

【用途】
光学部品や光導波路、光学ガラス同士の接続や端面保護

Fit Wellシートは、2枚のPETフィルムでFitWellを挟み込んだシートタイプのFit Wellです。
下記のラインナップがあり、ご用途に応じて選択できます。

型  式 FW1-20 FW205-0515 FW208-1010
接続面との
粘着性
くり返し接続 不可

② 光ファイバ素線用Fit Well

【用途】
光ファイバ素線間の接続・端面保護
  • 光ファイバ素線の端面のみに屈折率整合フィルムを取り付けることができます。
  • 各種のスプライシングに適用できます。
  • 光ファイバ側面への流れ込みが少なく、光ファイバのV溝装着、孔への挿入がスムーズに行えます。
  • 受託取付加工のほか、取付加工装置の導入、技術移転もございますので、ご相談ください。

動画
素線先端への取り付け例
28秒・wmv形式・301K
画面をクリックすると、
別ウィンドウで動画が表示されます

Windows Media Player 11 Free
動画がご覧になれない場合は‥‥

③ 光コネクタ用Fit Well/Fit Well Stick

【用途】
光コネクタ間の接続
・光ファイバ、フェルール、光導波路、光部品の接続、端面保護
  • 光コネクタのサイズにあらかじめ切り分けてあり、簡単に光コネクタの先端に実装できる整合フィルムです。
  • SC,LC、MT、MPO等、お客様のコネクタに合わせて取り付けやすい形でフィルムを提供いたします。
【使い方】
Fit Wellは各種コネクタを用いた光学接続に適用することができます。
下動画は、光コネクタ用屈折率整合フィルムをMTコネクタの先端に取り付けた例です。

動画
Fit Well Stick MTフェルールへの取り付け例
59秒・wmv形式・1.95M
画面をクリックすると、
別ウィンドウで動画が表示されます

Windows Media Player 11 Free
動画がご覧になれない場合は‥‥

特性

20μm厚のFit Wellを用いたときの接続特性は下表のとおりです。
温度サイクル試験や高温高湿試験でも、挿入損失等の変動はほとんどありません。

項  目 条  件 特  性
挿入損失(1550nm) SCコネクタ接続 接続損失:0.10dB以下
MTコネクタ接続(8心) 接続損失:0.15dB以下
反射減衰量(1550nm) SCコネクタ接続
MTコネクタ接続(8心)
-40dB以上(-40~80℃)
-40dB以上(-40~80℃)
温度サイクル試験 温度範囲:-40℃~80度
500サイクル (SCコネクタ使用)
光損失変動 < 0.05dB
高温高湿試験 85℃85%RH 1000時間
(SCコネクタ使用)
光損失変動 < 0.08dB

フィルム厚は20μm、光ファイバはSMFを使用。
温度サイクル試験及び高温高湿試験のデータは、SCコネクタの光損失変動を含んでおります。
記載データは、弊社測定装置での実測値であり、保証値ではありません。光ファイバ種、先端形状により光学特性は異なります。
本製品は、開発品であるため、改良等により予告なしに内容を変更することがあります。

ページ上部へ

通常表示

お問い合わせ

株式会社巴川製紙所 事業開発本部
〒104-8335 東京都中央区京橋二丁目1番3号 京橋トラストタワー 7階
TEL:03-3516-3405

お問い合わせフォーム はこちら